detention 返校 ネタバレ

ゲーム紹介

チャイムが鳴った そこにある全てが見慣れた景色ではなかった 雨の音に起こされたあなたは 教室の中にはもはや誰も居なかった 外がすっかり暗くなり 帰り道の途中で 一名の眠る少女と出会った あなたが彼女を起こした 同時に 思い出してはいけ

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、「ハッ!」とする場面もあり、効果的でした。 不満点 ロード時間が長い 場所が変わるたびに、ロードが入るのですが、これが長い。 短く終わる箇所もあるのですが、10秒以上待たされる時もあります。

こんにちは、ゆうじんです。 お待たせしました返校 -Detention-(ヘンコウ・ディテンション)攻略記(その6)です。 前回、ウェイ君が亡くなり、正門への道が閉ざされた中、学校からの脱出する方法を探すため、校舎へ戻ったレイ。校舎に戻ると

按一下以在 Bing 上檢視1:01

9/5/2016 · Detention is a survival horror game set in 1960s Taiwan under martial law. With simple point and click mechanism, the player control characters who venture into the school beset by hostile supernatural events to uncover stories

作者: Red Candle Games

スイッチの返校をクリアしたよ(ネタバレ注意)攻略情報だよ 更新日: 2018年3月10日 nintendo switch版 「返校Detention 」の謎、キャラクター、エンディングルートを紹介! はじめに ここに掲載している内容は管理人がクリアした範囲での情報です

About Detention The lone teenager, the ominous campus, the unbearable truth. Set in 1960’s Taiwan under martial law. Detention, with unique and appealing graphics and OST. Invites you to unlock the spine-chilling mysteries.

按一下以在 Bing 上檢視32:42

28/1/2018 · 【返校 Detention】(ホラーゲーム) 台湾製の学校ホラーアドベンチャーです。授業中に居眠りをして目覚めると、そこには誰もいなくなっていた・・・。無人の学校を探索していると、一人の少女と出会う・・・。

作者: KSG

2/4/2018 · ネタバレになるところは折りたたみにしておきます。 「返校 Detention 」は白色(はくしょく)テロ、二・二八事件以降の恐怖政治時代を題材にしている。日本統治後中国国民党による弾圧で国民は相互監視と密告が強制されていた

舞台は1960年代の台湾!

返校 -Detention-(ヘンコウ・ディテンション)攻略記(その7)自己嫌悪、無垢なる者の血とは 返校 -Detention-(ヘンコウ・ディテンション)攻略記(その8)意外にも複雑な家庭環境

返校とは、台湾のゲーム会社Red Candle Games(赤 燭 遊戲)開発のホラー アドベンチャーゲームである。「Steam」や「PLAYISM」などで配信中。 返校は中国語で「学期が始まる直前に一度学校に帰る日

返校 -Detention-は、台湾のインディーデベロッパーが開発したゲームで本国台湾で映画化も決まっている人気ホラーアドベンチャー。Steamで先行して配信されそのセンセーショナルな内容が話題を呼び、Switchでも配信されるや否やすぐにランキング上位

26/10/2017 · 台湾発のポイント・アンド・クリック形式のアドベンチャー「Detention」もその意味で優れたホラーゲームだ。 そして肝心のストーリーだ。ネタバレ になるため、詳細は説明しないが、冒頭で述べた通り、本作はただのホラーではない

『返校-detention- 』の攻略情報 2017/11/07 18:29 Steamにもガイドとして載せましたが 日本語版が公開されてからまだ日も浅く、情報が少ないと思うので

【下手な日本語で】台湾製ホラゲDetentionの考察&ネタ解説をやってみる [ゲーム] 先週に実況動画をうpし終わりましたが、《返校》の魅力的なところをちゃんと伝えられてないなぁ、

返校-Detention-公式サイト 画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの 権利表記 ©Red Candle Games Co.,LTD. 2015-2018. Licensed to and published by Coconuts Games Limited and Active Gaming Media Inc.

『返校(Detention)』をプレイした。同じアジア圏なのに日本には見られない独特のヴィジュアルワークや簡単操作性からは思いつかないほどの闇を抱えた物語が魅力の台湾発ホラーゲーム。台湾の闇ともいえる白色テロ時代を学べる傑作ホラーゲーム

台湾発ホラーゲーム『返校 -Detention-』Switch 版やったらガチで怖かった 2018/3/2 01:20 Switchソフト情報 15 シェアする 2Dタイプのホラーゲーム久しぶりな気がする。 驚かせるタイプじゃないようですが雰囲気がなんとも気味悪くゾッとさせられます

返校がイラスト付きでわかる! 『返校 Detention』は台湾発のホラーゲーム。 概要 Red Candle Games(赤燭遊戲)開発の2Dアドベンチャーホラーゲーム。 返校は「学校へ帰る」、Detentionは「拘留」「居残り」といった意味。 1960年代の検閲が厳しく密告が

台湾発ホラーゲーム『返校 -Detention-』Switch 版やったらガチで怖かった 2018/3/2 01:20 Switchソフト情報 15 シェアする 2Dタイプのホラーゲーム久しぶりな気がする。 驚かせるタイプじゃないようですが雰囲気がなんとも気味悪くゾッとさせられます

ネタバレすると以下のような話です。 シックスセンスのようなオチの物語ですが、東洋の地縛霊のイメージそのままの物語でもあります。 この物語は、1960年代の台湾の学校で、国民党が戒厳令を布告していた時期が舞台になります。

台湾の白色テロの時代を扱った異色の2Dアドベンチャーゲーム『返校』。独自の世界観を生み出すストーリーテリングと、2Dのカメラ視点が与える演劇的な効果とは。

ネットでふと見かけて一瞬で惹きつけられたので、Switchでダウンロードしてみました。 核心的なネタバレは後半でどうぞ。 このページは未プレイの方でも大丈夫かと。 1960年代の台湾が舞台のホラーゲームです。 台湾の異国情緒と戦時中ぐらい?の

ネタバレ(パスワード・暗証番号などをズバリ書いたもの、ゲームのエンディングに関する事柄は、メール欄でも削除) レスの催促・質問の要求(「早く答えてください」、「クリアしたので質問なんでも答えます」など)

≪タイトル≫ 返校 Detention(へんこう でぃてんしょん) ≪ジャンル≫ ホラー探索ADV ≪日本語化≫ 可 ≪お値段≫ 1180円 ≪一言≫ 深く悲しいストーリー 戦時下の台湾の雰囲気が独特で良い «ストアページ» Detention on Steam 放課後の学校を彷徨う探索ADV。

「返校 -Detention-」とは? 「返校 -Detention-」は、戒厳令下である、1960年代台湾を題材としたホラーゲームです。 台湾の文化や神話に基づき、宗教的な要素が取り入れられています。 音や画面の変化で、恐怖を演出するのは最低限なんだとか。

返校のネタバレから素晴らしい記事にたどり着いてしまいました。今は自由に見えるお隣の台湾にもつい最近までそんな時代があったとは。。こういった話を聞くと権力って怖いなーって思います。日本も台湾も平和が長く続いていくといいですね。

1960年代を舞台に知っているようで知らない台湾の闇ともいうべき歴史を描いた作品です。 『返校』ゲーム本編より引用 10月27日から日本語対応が開始されるようですが、プレイしてみた感想をざっくばらんに。ネタバレを含んでます。

返校 Detentionの感想まとめ 台湾の歴史や文化に触れつつ、主人公の女の子の複雑な心情をホラーとアートで表現した傑作。 ガッチガチのホラーを期待していると肩透かしを食らうかもしれないが、それを差し引いてもプレイする価値がある。

返校 Detentionの感想まとめ 台湾の歴史や文化に触れつつ、主人公の女の子の複雑な心情をホラーとアートで表現した傑作。 ガッチガチのホラーを期待していると肩透かしを食らうかもしれないが、それを差し引いてもプレイする価値がある。

返校 -Detention-のプレイ日記です。 丑三ツ刻にプレイしています。 これはどう考えてもバッドエンドですね。 あまりにすっきりしないのでマルチエンディングか?と思って調べてたら、マルチエン

さらなるネタバレ 思いつめたレイはバイ教官にイン先生を密告してしまった。その結果、読書会のメンバーは捕まりチャン先生は死刑、ウェイは懲役15年の判決が下り、イン先生は海外に亡命するという最悪の結果になったのだった。

以下はネタバレになっているのでヒント類は反転。 * 机の汚れ 汚れを取ると言えばシンナーという発想は間違っていない。ただし使う場所が違う。この机の件を解決するのはそちらを解決してからになる

1/3/2018 · 『返校 -Detention-』は台湾のインディーデベロッパーRed Candle Gamesが開発し、Coconut Island Gamesが販売する1960年代の台湾、架空世界の学校を舞台にしたホラーアドベンチャーゲームです。本作では台湾ならではの文化を表現すべく、キャラクターや

返校 Detention 実況 完結 完結しました!通常エンドとトゥルーエンドの両方を収録してます 台湾の歴史の本を図書館から借りてきて読み込んだのに、動画ではほとんど紹介できませんでした

ここからはネタバレ(直接ストーリーには触れませんが)があります まず、返校はプロローグ+4章からなっていて、トゥルーエンドへのフラグは、 全て4章内にあるため、一度クリアしてノーマルエンドであっても、「各 章」から

台湾の戦後史というのはアンタッチャブルなところがある。1947年の二・二八事件に端を発する戒厳令の発令があり、「白色テロ」と呼ばれる恐怖政治で思想弾圧が行われた。多くの知識階級が処刑され、中には権力闘争に巻き込まれて無実の罪を

【期待】『返校 -DETENTION-』の台湾デベロッパーが新作『還願 DEVOTION 【※ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 夢をみる島』が子供への良い教育になったと感謝するツイートが話題

『返校』ホラーゲーム紹介。ストーリーについてネタバレ少々あり。台湾発の2Dホラー!誰もいない教室。出会った一人の少女。悪霊が跋扈する学校・・・重く辛い歴史が複雑に絡んだストーリー。恐れを超えて、あなたは真実を紐解くことができる